はじめて、住まいづくりを初める時にまずしっかりと抑えなければいけないのが、資金計画です。

住宅を購入する際、ほとんどの場合住宅ローンを組まれることが多いと思います。

住宅ローンも色々な種類がり、固定金利や変動金利・銀行や信用金庫・組合など選択肢は数多くあります。

どれを選ぶかも迷いますが、どれにするかで最終的な返済額が違ってきます。

よくあるケースが、「いくら借りられるのか?」「月々いくら払わなければいけないのか?」というところから入るケースがありますが、これが後で失敗したというケースを生む要因になるケースが多いのが現状です。

まず「いくら借りられるか?」については、将来をなにも加味していません。ご本人・ご夫婦・親などの一般的な信用度でしか見られませんので、貸す側からするといくらでも借りてほしいというのが現実です。しかし、そこに年齢や年収であったり、信用調査が入るという中で割り出されます。

フラット35の住宅シミュレーションはこちらから→

借りられる額がわかっても実際に返せるのかが大事になります。住宅ローンは、年十年も続いていきます。今はいいけど、将来はどうなのか?何か不測の事態が起きた時どうなのか?をしっかりと抑えていきましょう。

次に「月にいくら払うの?」の場合も上記にあてはまるケースで、「この家が欲しいけどいくらかかるから月々いくら払わなければいけない」等のケースです。もう一つが、「現在家賃でこれだけ払っているから大丈夫」というケースもあります。

上記を加味して、「いくら借りられるのか?」「月々いくら払わなければいけないのか?」ではなく、将来を見越してしっかりとした資金計画を立てましょう。

また、土地から購入するという方は、住宅ローンは、土地のみの購入では組めません。土地と建物がセットになって初めて住宅ローンが組めます。土地が決まってからこれから建築会社を決めるなんて悠長なことをしていると土地の決済に間に合わない等の大変なことになってきます。実際すまいポートにお越しいただくお客様の中でもよくあるケースです。いい土地が出たんで契約したら、「すぐに立てる建築会社を決めてください」と不動産会社に言われたというケースも多々あります。事前に土地の予算・住宅にかかる予算を把握し、土地探しと建築会社の選定は同時に行っていきましょう。

すまいポート21では、専門のファイナンシャルプランナーが現在をヒャリングして将来を見越した住宅ローンシミュレーションをご提案します。

また最適な住宅ローンのご提案も行っております。

ぜひすまいポートの資金計画をご利用ください。

資金計画の詳細はこちらから→