先日来店されたお客様から「家っていくらで建てられるんですか?」と聞かれました。直球勝負のお客様だなと思いましたが、いくらで建てられると聞かれると正直返答に躊躇します。

家1棟建てるのに、少なくとも3万部材の材料費はかかります。材料費もピンキリ、安い材料もあれば高い材料もある。また、家は職人技です。いい人材を使えば高くなるし、そうでなければコストは押さえられます。そのお客様はよくよく聞くと、「安い薄っぺらな家でなく、それなりの標準的な家を建てたいけど、適正価格がわからない」とおっしゃってました。家の適正価格?難しいというよりほかありません。なぜなら、ハウスメーカーがあり、ビルダーがあり、工務店があり地域で活動している建築会社は数知れづという状態です。その中でうちは適正価格でやってますという建築会社もありますが、適正価格自体の概念が難しいと感じます。

まず、皆さんご存知のハウスメーカーですが、「ハウスメーカーは高い」という方が多いですが、高いには高いなりの理由があります。ハウスメーカーとは、全国に営業所を持ち全国展開しています。よく「だから、広告宣伝費や人件費が高いからじゃないの?」という方がいらっしゃいますが、それだけではありません。保障という点ではハウスメーカーは徹底せざる負えません。欠陥住宅や、建ててからダメな住宅なんて烙印を押されたらハウスメーカーはすぐにつぶれてしまいます。そのため色々な研究や実験を常に繰り返してます。そのための人件費やコストは膨大です。だからハウスメーカーは高くて当たり前です。それを他と比較するのは???ブランドバックとバーゲンバック、かたや数十万円もう一方は数千円、でもブランドバックを求める人、バーゲンバックで十分という人がいて当たり前ですよね、それと同じで、ハウスメーカーと工務店を比較すること自体がナンセンスと考えられます。

ブランドバック

バーゲンバック

じゃビルダーは?ビルダーの立ち位置は不明確ですが、私は、建築会社として分業化されているというのが前提と考えています。営業は営業が、設計は設計が、施工は現場監督が、そして経営は経営者がという組織がきちんとできて、年間100棟以上建てている所と認識しています。価格もそこそこで、リーズナブルだし、こだわりがあるところは他社との差別化がきちんとされています。しいて言えば、棟数とこだわりの兼ね合いかと思います。ローコスト住宅をメインに不動産会社と連携しているビルダー・こだわりはるが、一定の棟数を確保しなくてはいけないビルダー、こだわりのみを追求しそれに呼応する顧客のみを追求するビルダーとそれぞれです。どれが正解とは言えませんが、営業担当者と数回コンタクトを取ると垣間見えると思います。

最後に工務店ですが、一口に工務店と言っても千差万別です。一人親方でやってるところもあれば、家内工業的で社長=父・現場=息子・経理=奥様という形態や、ビルダーほど棟数はないが、営業・設計・施工管理・経営とある程度(完全ではないが)分業化され年間100棟未満の工務店。何でもできる分小回りも聞くが特徴にかけるケースが多いですが、中にはこだわりを持って活動している工務店もあります。また完全に地域密着なので、何かあればすぐに飛んでくる便利屋的な工務店もあります。

大まかに3つに分けましたが、本題のコスト面でいうとハウスメーカー>ビルダー>工務店というのが一般的な構図です。よく坪単価という表記で記載されてますが、完全にうのみにできませんが目安としては比較できると思います。ハウスメーカーが70万/坪・ビルダーが60万/坪・工務店が50万/坪が標準的です。あくまで目安でそれで建つわけではありません。大体の家1棟延べ床面積(1階と2回の面積)が30坪から35坪で考えるとハウスメーカーが2100万から2500万くらい・ビルダーが1800万から2100万くらい・工務店が1500万から1650万くらいという目安になります。これにいろいろな諸経費がプラスされ、大体150万から200万上乗せになると考えたほうがいいでしょう。ただし、要望や仕様・材料などによって価格は全然違ってきます。

適正価格を考える場合は、まずハウスメーカーなのか?ビルダーなのか?工務店なのか?をベースにあとは自分たちの要望でどうコストアップするかを想定しましょう。たいがいの材料や仕様などはネットで調べるコストも出てきます。ここで大事なのは詳細な金額を調べるのではなく、大まかな数字をとらえ自分達の予算とマッチするか考えてください。ハウスメーカーがいいと思っても予算が追い付かなければ無理だし、ビルダーがいいと思っても、自分たちのイメージに合わせていくと予算は大丈夫かどうか?安いから工務店がいいといっても本当に自分たちのイメージに合ってるのかどうか?などなどしっかりと健闘してハウスメーカー・ビルダー・工務店どこに絞っていくか考えましょう。